鎌倉、まぼろしの風景。150 

鎌倉、まぼろしの風景。


          
     

イメージの翼に乗って「星月夜の鎌倉」を妄想するページ。

星座早見盤と地形図を持って、鎌倉の地上の星座を探検中です。


北鎌倉の石仏

:::::目次:::::
:::Top 最新の目次に戻る:::


亡備録 私的用語集
大淀三千風の日本行脚文集


+++キリシタンと江戸文化

110.東渓院菊姫
北鎌倉と豊後竹田

111.キリシタンの二十三夜

112.東慶寺の姫

113.徳川直轄地の
キリシタン

114.キリシタン受難像

115.江戸の幽霊
お岩とお菊

116.江戸の狂歌師
酔亀亭天広丸

117.江戸の蕎麦とお菓子

118.禁止された教え

119.葛飾北斎の1834年
旅する江戸人1

120.近松門左衛門の1719年
旅する江戸人2

121.大淀三千風の1686年
旅する江戸人3

122.大淀三千風の鴫立庵
123.柴又帝釈天の1779年
旅する江戸人4

124.飯島崎の六角の井

125.古狸塚

126.六地蔵・芭蕉の辻と
潮墳碑

127.キリシタン洞窟礼拝堂

128.十字架の菜の花

129.黙阿弥の白波五人男

130.大山の木食上人
旅する江戸人5

133.「忠直乱行」を読む
旅する江戸人6

135.駿河大納言忠長の遺業
旅する江戸人7

136.松平忠長の侍達
旅する江戸人8

137.許六と芭蕉

138.忠直とサンチャゴの鐘
豊後竹田と北鎌倉

139.沖の花(大分 瓜生島伝説)

140.鎌倉の庚申塔1・キリスト磔刑図
141.鎌倉の庚申塔2・嘆きの猿
142.鎌倉の庚申塔3・猿の面

143.曾根崎心中の道行き

144.義経千本桜の幻惑

145.建長寺のジョアン

147.椿地蔵と手まり歌

148.鎌倉という名の火祭り

149.玉藻ノ前と殺生石

151.不屈の第六天社(藤沢)
152.第六天の女神(戸塚)
153.玉縄城の第六天(鎌倉)

154.お花畑と後北条氏

155.落柿舎と鎌倉地蔵

157.平塚の4手の庚申塔

162.十文字鳥居と手水鉢
(藤沢市江ノ島)

163.八橋検校の秘曲と「千鳥」

164.半僧坊と明治憲法

165.夜空にかかる十字架
(明月院の谷)

169.馬頭観音の天衣(1)
170.マリアの石碑(2)
171.マリアの影を石に刻む(3)

172.六地蔵、葎塚(むぐらづか)と芭蕉(山梨県)

173.化粧するお地蔵様

180.大淀三千風のすみれと芭蕉

181.謡坂と善智鳥
(うとうざかとウトウ)

182.善知鳥と江戸大殉教

183.芭蕉の見た闇
(名古屋市・星崎)

186.キリシタンの古今伝授

187.鎌倉仏教とマニ教

188.謎の桜紋

189.西行と九尾の狐

190.○と□ (丸と四角、マリアとイエス)

191.踊場の猫供養塔(横浜市泉区)

193.貞宗院様の遺言(貞宗寺:鎌倉市植木)

194.崇高院様の山門(成福寺:鎌倉市小袋谷)

195.鎌倉光明寺54世松誉上人(書かれた文字1)

196.涌井藤四郎の新潟湊騒動(書かれた文字2)

197.鎌倉大仏縁起・(書かれた文字3)

199.扁額にある記号(書かれた文字4)

200.こゆるぎの松
(1鎌倉の小動)

201.城山公園の石碑
(2大磯の小動)

202.小ゆるぎの里
(3寒川の小動)

203.謡曲「隅田川」と田代城主

204.イボとり地蔵の小石

205.港町の杯状穴


江戸文化に
キリシタンの影響を見る。

見ず 聞かず
言はざる までは
つなげども
思はざる こそ
つながれもせず

(心に思う事を
罰する事はできない)

諸国里人談 巻三一「三猿堂」
菊岡沾凉(米山)著1743年刊



写真集
私説:キリシタン遺物と
その影響下に作られたと思われる
石碑と石仏


亀の蔵

「鎌倉、まぼろしの風景」
の要約。

書かなかったことや
後から書き足す事ども。


知る者は言わず
言う者は知らず《老子》

資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子

Twitter:@ninayzorro

ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)

   

150.鎌倉 五芒星都市

 「古代☆ペンタクロス文化」のペンタクロスさんの最新作が「198.大鎌倉の多重結界」だ。
古墳の造営や都市計画を、五芒星を作って設計するという、今は失われた技術が存在したのではないか。そういうペンタクロスさんの説は刺激的だ。
 山城などを設計することを「縄張」と言うそうだ。縄を張って五芒星を2つ作ると、等高線のある前方後円墳の設計図が出来上がるのだ。
 HPではいつも美しい作図を掲載して下さって、わかりやすく興味深いのだ。

  源義経の首塚を逆さ五芒星の中心に据えると江ノ島や運動公園、学校などが見事にポイントに並ぶ。そういう作図をしてみたのは、ペンタクロスさんに触発されたからだった。
参照:40.義経の弔い

 ペンタクロスさんの作図で、重要な五角形があった。それを国土地理院の「1万分の1地形図」に写してみた。地図のある方はぜひ、ご一緒に線を引くことをお勧めします。
1)若宮大路のラインを延長して、今泉称名寺まで延長する。これが鎌倉時代の鎌倉の中心線で五芒星の中央線になる。
   称名寺は国土地理院が発行している1万分の1地形図の「港南台」にある。

2)称名寺から山崎の昌清院まで線を引く。五角形の最初の一辺だ。
   昌清院は1万分の1地形図の「大船」にある。2枚の地図を突き合わせて線を引く。

3)称名寺から昌清院までの距離を測って、同じ長さの線を昌清院から稲村ケ崎駅の北まで引く。
   五角形の2本目の線になる。内角は108度にする。
   稲村ケ崎駅は「鎌倉」にある。

4)稲村ケ崎駅の北側のポイントから逗子市小坪の大崎にある八大龍王神社まで線を引く。
   同じ長さで内角は108度。3本目の線だ。
   八大龍王神社は「葉山」にある。

5)八大龍王神社から同じ長さで内角が108度の線を引くと、逗子市久木の道路の突き当たりに届く。
   米軍の池子住宅の外縁部で、入ることが出来ないのが残念だ。
   久木は1万分の1地形図の「逗子」にある。

6)久木のポイントから今泉の称名寺まで線を引くと、鎌倉の五角形が出来上がる。

 五角形を眺めながら、各ポイントを再考してみる。
 称名寺は弘法大師が訪ねて来たときに、すでに仙人が住んでいた。つまり弘法大師が唐から帰国した839年以前に、大きな施設があった場所だ、と思う。それは天体観測もする施設だ。
 毎日、南斗六星はゴルフ場の2つのレストハウスの上に上がる。太陽に重なった昼間の星を祀る祭りを称名寺は今も行なっている。すごい事だと思う。
参照:97.今泉不動の謎
 昌清院は円覚寺塔頭のお寺である。近隣の十王堂にあった地蔵菩薩像や十王像、山崎天神の十一面観音像がここにあって、廃絶したお寺のご本尊を引き受けているのだ。つまり、昌清院は大切に守られているお寺なのだ。
 ここは源氏山から尾根を伝って、柏尾川へ出る古道にあたる。巨福呂坂の通行を建長寺が見張っていた様に、尾根道に上がる入り口を守っているお寺なのだ。
 鈴木千歳先生が書いた様に、梶原や葛原ガ岡がヤマトタケルとエミシの激戦地であるとすると、昌清院はその北口に当るだろう。
参照:9.セキサンガヤツ
 稲村ケ崎の谷にある道は北から17度東に傾いている直線道だ。海岸線から900mも続くこの谷は、両側が削られているデザインされた谷だ。東西にある山の隙間からまっすぐに海を眺めると、その中央に神津島が見える、と思う。まだ確かめに行っていないけれど。
 利島や新島は大島の後ろで見えない。でも神津島は見える。良く晴れた日に、七里ケ浜高校の坂道から、大島の右手に「おにぎり山」が遠く見えたのを思い出した。あれが多分神津島だ。
 海岸に出ればどこからでも大島と神津島は見えるだろう。それをわざわざ山裾を削って、17度傾く直線道を谷に作って神津島を正面に捕らえる。それはなぜか。神津島が南から17度西にあるという測量が出来たからだ。望遠鏡をのぞく様に、左右の山を額縁にして、その中央に神津島を納めたのだ。これが日本の「庭」を作る文化だと私は思う。景観を科学している。楽しんでいる、敬っている、祀っている。そういうことだと思うのだ。稲村ケ崎が「この真南に三宅島の火口があるよ」と指し示している様に、稲村ケ崎の直線道は神津島を見る道なのだと思う。
 そういう測量と土地の改造をやったのは古墳を作った人達だ。だから稲村ケ崎の両側の山すそを削った人達は、8世紀以前の人達じゃないかと想像してみた。根拠はない。
参照:67.台の天文台(星の都3)

 ところで、古代人は「庭の景観を楽しむ」よりも、もっと合理的実用を重視したかもしれない。この稲村ケ崎の直線道は、神津島へ船出するための管制塔だったかもしれない。そういう空想を展開してみよう。

 夜明け前の真っ暗な海へ、港から帆船が出て行く。振り返れば稲村ケ崎の谷戸が見える。
 稲村ケ崎の直線道に沿って篝火が連なっている。それは海岸から1km先の山頂まで、なだらかに上って行く輝く線だ。滑走路の誘導灯の様なその光の線を後ろに見ながら、帆を操り舵を取る。
 航路が逸れてしまえば、浜と山頂の火の2つしか見えなくなる。そうやって南から17度西に傾くライン上を、暗闇の海を航海して行くのだ。やがて朝日が昇ると、もう稲村ケ崎はどこにあるのか分からなくなる。でもその頃には、朝日に映える大島とその先の神津島が見えている。

 大島までの55kmは遠い。しかし稲村ケ崎の直線道を使えば、夜のうちに船出することができる。神津島までの航路を道に並べた篝火が教えてくれる。そういう技術に伴う人工の施設が、この直線道ではないか、と思う。 それは古墳時代よりも古い技術ではないか、とも思う。
 八大龍王神社は逗子市の大崎公園の南西、岬の突端にある。行ったことはないけれど、ネットに神社の写真が載っていて、見ることが出来た。小さなお社だけれど、お神輿が出る賑やかなお祭りが続いているらしい。今も地域に生きている神社なのだ。この岬は自動車道で分断されているけれど披露山公園につながる一つの岬だったと思われる。そして披露山と言えば、さらに謎に満ちた魅惑的な所なのだ。
 久木 逗子市の久木はアメリカの施設になっていて入ることが出来ない。でも「逗子のトナカイさん探検紀(久木 柏原)」というステキなサイトがあって、その風景を見ることができた。新編相模国風土記稿には柏原村となっている所が、五角形のポイントの久木だった。
 このあたりは小田原北条氏領から徳川直轄地になり、裕福な村だったと言う。1675年(延宝3)から100石の領地として鎌倉光明寺領になっている。米を取り立てるだけではなくて、ここに住んでいた人達の身元保証も光明寺が引き受けていたのだろうと思った。光明寺は野口米次郎が英語版鎌倉案内書の「KAMAKURA」で熱く語ったお寺である。
 それから、柏原村の東隣が池子。新編相模国風土記稿には「池子村」という項目があって本文は無い。読み方の振仮名さえ書かれていない。ここは1937年(昭和12)に旧帝国海軍の弾薬庫になった。それはその前からここが武器庫だったからだという話を聞いたことがある。確かめることが出来ないでいるのだが。

 5枚の地形図をつなげると、5角形が旧鎌倉をすっぽりと包んでいる。5角形というのは周囲の警戒がし易い形なのだそうで、城塞の形によく使われるのだそうだ。鎌倉市にあった玉縄城も、航空写真では五角形に見えている。5角形の5つのポイントはそれぞれ川や街道を見晴らすことが出来る。だからこれが、呪術上の「鎌倉城」であったかもしれないと思った。
 鎌倉の道路を整備したのは梶原景時だ。
参照:70.鎌倉と姫路(星の道2)
 だからこの五角形、五芒星を設計したのも彼なのだろう。義経の首塚に仕掛けられたのは逆五芒星だ。怨霊封じの星なのだ。鎌倉城に描かれた五芒星は、繁栄と安全を願った☆印であっただろうと思う。

 追記:地形図5枚に描かれた五角形の中央はどこか、ぜひ確認して楽しんでみて下さい。そこは最近整備されて、巨大な立石が立っています。これは偶然の妙なのですが、その前を通るたびに、鎌倉城の中心柱と、思ってしまうのです。

参照:65.若宮大路の傾き(星の都1)


:::Top 最新の目次に戻る:::


  ***亀子***
( 16 Sep. 2009 - 25 Jun.2012)

     

   
十文字の影がある庚申塔 横須賀市

:::::目次:::::

:::Top最新のページ:::

・・・地図上の直線
地図に線を引くとわかる設計
(ランドデザイン)

・・・地上の星座
天体の運行を取り入れた景観

:::1.天平の星の井19Apr:::
:::2.虚空蔵菩薩堂:::

3.霊仙山20Apr:::

:::4.飛竜の都市:::
:::5.分水嶺:::

6.道の意匠:::

:::7.修験道の現在形:::

:::8.鎌倉の白い岩:::

:::9.セキサンガヤツ:::

10.若宮大路のカレンダー:::

11.神奈川県の鷹取山:::

12.鎌倉の正三角形:::

:::13.鎌倉の名の由来:::
:::14.今泉という玄武:::

:::15.夜光る山:::

:::16.下りてくる旅人:::

:::17.円覚寺瑞鹿山の端:::

:::18.鎌倉の獅子(1):::
:::19.望夫石(2):::
:::20.大姫の戦い(3):::

21.熊野神社の謎:::
22.熊野神社+しし石:::

23.北鎌倉の地上の昴:::

24.ふるさとの北斗七星:::

25.労働条件と破軍星:::

26.北条屋敷跡の南斗六星:::

:::27.星と鎌と騎馬民 :::

28.江の島から見る北斗と昴 :::
29.由比ケ浜から見る冬の星 :::

:::30.鎌倉の謎(ひと休み) :::

31.御嶽神社の謎:::

32.塔の辻の伝説(1) :::
33.昇竜の都市鎌倉(2):::
34.改竄された星の地図(3):::
35.すばる遠望(小休)(4):::

36.長谷観音レイライン:::

37.星座早見盤と金沢文庫:::

38.鎌倉の墓所と鎮魂:::

39.ふるさとは出雲:::

40.義経の弔い:::

41.「塔の辻」の続き:::

42.子の神社:::

:::43.松のある鎌倉(1):::
:::44.星座早見盤と七賢人(2):::
:::45.山崎の里(3):::
:::46.おとうさまの谷戸(4):::
:::47.将軍のいましめ(5)井関隆子:::

:::48.ふたつあることについて:::

:::49.万葉集の大船幻影(休憩):::

:::50.たたり石:::

:::51.鎌倉の十三塚:::

52.陰陽師のお仕事:::

53.坂東平氏の大三角形と星:::
54.大船でみつけた平将門:::

55.神津島と真鶴:::

56.鷹取山のタカ
(八王子市と鎌倉市)
:::
57.鷹取山のタカ2(鷹の死):::
58.鷹取山のタカ3(宝積寺):::

:::59.岩瀬、伝説が生まれた所:::

60.重なり合う四神:::

:::61.洲崎神社:::
:::62.語らない鎌倉:::

:::63.吾妻社:::

64.約束の地(小休):::

65.若宮大路の傾き(星の都1):::
66.國常立尊(星の都2):::
67.台の天文台(星の都3):::

68.鎌倉の摩多羅神:::

69.地軸の神(星の道1):::
+++おわびと訂正+++
70.鎌倉と姫路(星の道2):::
71.頼朝以前の鎌倉(星の道3):::

72.環状列石のしくみ
(五芒星1)
:::
73.環状列石の使い方
(五芒星2)
:::
74.関谷の縄文とスバル
(五芒星3)
:::

75.十二所神社のウサギ:::

:::76.針摺橋:::

77.平安時代のジオラマ:::

78.獅子巌の四神
(藤原氏の鎌倉)
:::

79.亀石によせる:::

80.山頂の古墳:::

:::81.長尾道路の碑
(横浜市戸塚区)
:::

82.柏尾川 天平の大船幻想1 :::
83.玉縄 天平の大船幻想2 :::
84.長屋王 天平の大船幻想3 :::
85.万葉集と七夕 天平の大船幻想4 :::
86.玉の輪荘 天平の大船幻想5 :::

:::87.実方塚の謎(1)
鎌倉郡小坂郷上倉田村
:::
:::88.戸塚町の謎(2)
鎌倉郡小坂郷戸塚町
:::
:::89.こぶた山と雀神社(3):::
:::90.雀神社の謎(4)
栃木県宇都宮市雀宮町
:::
:::91.実方紅雀伝説と銅(5)
茨城県古河市
:::

:::92.北鎌倉の悲劇:::

:::93.こぶた山と奈良東大寺:::

:::94.王の鳥ホトトギスとミソサザイ:::
:::95.悪龍と江の島:::

96.海軍さん通りの夕日:::

▲★97.今泉不動の謎:::
98.野七里:::
99.染谷時忠の屋敷跡:::

100.三ツ星とは何か
(またはアキラについて)
:::

:::48.ふたつあることについて:::
101.亀の子山と磐座、火山島:::
102.秦河勝の鎌倉:::
103.由比若宮(元八幡):::
104.北鎌倉八雲神社の山頂開発:::
105.北鎌倉 台の光通信:::
106.鎌倉の占星台:::
107.六壬式盤と星座早見盤:::
:::108.常楽寺 無熱池の伝説:::
:::131.稲荷神社の句碑:::
:::132.鎌倉に来た三千風:::
:::146.幻想の田谷 横浜市栄区田谷:::
150.鎌倉 五芒星都市:::
158.第六天社と安部清明碑:::
159.桜山の朱雀(逗子市):::
160.双子の二子山と寒川神社:::
:::161.ゴエモンの木:::
:::134.ここにあるとは 誰か知るらん:西郷四郎、会津と鎌倉:::
:::166.防空壕と遺跡(洞門山の開発):::

167.地上の銀河と星の王1(平塚市):::
168.地上に降りた星の王2
(鹿嶋神宮、香取神宮、息栖神社)
:::
174.南西214度の縄文風景(金井から星を見る):::

::: 175.おんめさま産女(うぶめ)伝説 (私説):::
176.おんめさまとカガセオ:::

177.南西214度の縄文風景 2
(大湯環状列石とカナイライン)
:::

178.御霊神社と鎌倉
(南西214度の縄文風景3)
:::

179.源頼朝の段葛とカガセオ
(南西214度の縄文風景4)
:::

::: 184.鎌倉の小倉百人一首:::

::: 185.鎌倉の小倉百人一首 2:::

:::156.せいしく橋の伝説:::
:::109.北谷山福泉寺の秘密:::
:::192.洞窟と湧水と天女:::
:::198.厳島神社の幟旗:::


資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子
ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)

//////無断複製を禁止します。All Rights Reserved. (C)亀子
検索にご利用下さい
inserted by FC2 system inserted by FC2 system