鎌倉、まぼろしの風景。247 

鎌倉、まぼろしの風景。


Kamakura,a land of illusions
          
     

イメージの翼に乗って「星月夜の鎌倉」を妄想するページ。

星座早見盤と地形図を持って、鎌倉の地上の星座を探検中です。

Kamakura,a land of illusions    sorry,Japanese only

北鎌倉の石仏

:::::目次:::::
:::Top 最新の目次に戻る:::


亡備録 私的用語集
大淀三千風の日本行脚文集


+++キリシタンと江戸文化

110.東渓院菊姫
北鎌倉と豊後竹田

111.キリシタンの二十三夜

112.東慶寺の姫

113.徳川直轄地の
キリシタン

114.キリシタン受難像

115.江戸の幽霊
お岩とお菊

116.江戸の狂歌師
酔亀亭天広丸

117.江戸の蕎麦とお菓子

118.禁止された教え

119.葛飾北斎の1834年
旅する江戸人1

120.近松門左衛門の1719年
旅する江戸人2

121.大淀三千風の1686年
旅する江戸人3

122.大淀三千風の鴫立庵
123.柴又帝釈天の1779年
旅する江戸人4

124.飯島崎の六角の井

125.古狸塚

126.六地蔵・芭蕉の辻と
潮墳碑

127.キリシタン洞窟礼拝堂

128.十字架の菜の花

129.黙阿弥の白波五人男

130.大山の木食上人
旅する江戸人5

133.「忠直乱行」を読む
旅する江戸人6

135.駿河大納言忠長の遺業
旅する江戸人7

136.松平忠長の侍達
旅する江戸人8

137.許六と芭蕉

138.忠直とサンチャゴの鐘
豊後竹田と北鎌倉

139.沖の花(大分 瓜生島伝説)

140.鎌倉の庚申塔1・キリスト磔刑図
141.鎌倉の庚申塔2・嘆きの猿
142.鎌倉の庚申塔3・猿の面

143.曾根崎心中の道行き

144.義経千本桜の幻惑

145.建長寺のジョアン

147.椿地蔵と手まり歌

148.鎌倉という名の火祭り

149.玉藻ノ前と殺生石

151.不屈の第六天社(藤沢)
152.第六天の女神(戸塚)
153.玉縄城の第六天(鎌倉)

154.お花畑と後北条氏

155.落柿舎と鎌倉地蔵

157.平塚の4手の庚申塔

162.十文字鳥居と手水鉢
(藤沢市江ノ島)

163.八橋検校の秘曲と「千鳥」

164.半僧坊と明治憲法

165.夜空にかかる十字架
(明月院の谷)

169.馬頭観音の天衣(1)
170.マリアの石碑(2)
171.マリアの影を石に刻む(3)

172.六地蔵、葎塚(むぐらづか)と芭蕉(山梨県)

173.化粧するお地蔵様

180.大淀三千風のすみれと芭蕉

181.謡坂と善智鳥
(うとうざかとウトウ)

182.善知鳥と江戸大殉教

183.芭蕉の見た闇
(名古屋市・星崎)

186.キリシタンの古今伝授

187.鎌倉仏教とマニ教

188.謎の桜紋

189.西行と九尾の狐

190.○と□ (丸と四角、マリアとイエス)

191.踊場の猫供養塔(横浜市泉区)

193.貞宗院様の遺言(貞宗寺:鎌倉市植木)

194.崇高院様の山門(成福寺:鎌倉市小袋谷)

195.鎌倉光明寺54世松誉上人(書かれた文字1)

196.涌井藤四郎の新潟湊騒動(書かれた文字2)

197.鎌倉大仏縁起・(書かれた文字3)

199.扁額にある記号(書かれた文字4)

200.こゆるぎの松
(1鎌倉の小動)

201.城山公園の石碑
(2大磯の小動)

202.小ゆるぎの里
(3寒川の小動)

203.謡曲「隅田川」と田代城主

204.イボとり地蔵の小石

205.港町の杯状穴

206.庚申様はすばる星(すばる星1)

207.六所神社のすばる星(すばる星2)

208.キリシタンと庚申様(すばる星3)

209.鎌倉キリシタンの伝承 1

210.東渓院の領地

211.大坂城の遺児
鎌倉キリシタンの伝承 2

212.手広村の大岡様
鎌倉キリシタンの伝承 3

213.田代寺安養院
鎌倉キリシタンの伝承 4

214.水戸光圀の鎌倉案内
鎌倉キリシタンの伝承 5

220.徳蔵山東渓院と梅田川の北斗
鎌倉キリシタンの伝承 6

236.山崎の女領主相高院
鎌倉キリシタンの伝承 7

238.豊後国岡城主中川久盛室、久松萬姫の「伊香保記」


江戸文化に
キリシタンの影響を見る。

見ず 聞かず
言はざる までは
つなげども
思はざる こそ
つながれもせず

(心に思う事を
罰する事はできない)

諸国里人談 巻三一「三猿堂」
菊岡沾凉(米山)著1743年刊



写真集
私説:キリシタン遺物と
その影響下に作られたと思われる
石碑と石仏


亀の蔵

「鎌倉、まぼろしの風景」
の要約。

書かなかったことや
後から書き足す事ども。


知る者は言わず
言う者は知らず《老子》

資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子

Twitter:@ninayzorro

ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)
*** ***

   

「織姫星と鎌倉」銀の鈴社で通信販売中です。
Kindle版「織姫星と鎌倉」ができました。
「今すぐ無料サンプルを送信」を押すと、冒頭部分が試し読みできます。
リーフレット「星月夜の鎌倉と塔の辻」の続きです。読んでいただけたら幸いです。

銀の鈴社ギャラリーで「織姫星と鎌倉 原画展」を開きます。
2月5日(木)〜10日(火)。本に入らなかった地図や地形図も展示します。ぜひご覧下さい。

247.天文現象の事実と記載された歴史の差 藤原宮御井歌3

恒星社厚生閣から2013年に出版された「天変の解読者たち」作花一志著 の、第二章 五つの星が集う夜 がおもしろかった。中国では5つの惑星が一つの星座に集合すると、王朝が滅び新しい王が立つと言われたらしい。星占いだから、もちろん迷信です。でも当時の人達には科学も占いも、未来を予測する方法として大切にされたのでしょう。

周将殷伐五星聚於房
「BC1059年5月末。日没後の西の空の房宿(さそり座の西)に五つの惑星が集まって見えた。この時、文王が天命を受け、それは次の武王に継承されて、13年後に殷が滅び周王朝が立った。その予兆が「五星聚於房」だった。」
漢高入秦五星聚東井
「漢元年(BC206)10月に五惑星が井宿の東に集まった。後に漢の初代皇帝高祖になる劉邦の軍が、秦の首都の近くに到着した。秦が滅びて漢になる予兆であった。」

 ところが実際には、BC206年の10月に五惑星の集合は無かったそうです。あったのはBC205年5月末で、その頃の劉邦は項羽に負け続けて逃げ回っていた頃、と著者は語ります。なので五惑星集合が起きた年月を前年にして劉邦に天命が下った年と、してしまった。
 つまり星を見る人達は記録を改竄して、権威付けに協力するわけです。
 でもそのウソは、星に詳しい人達にはすぐに分ってしまうことでした。
 この事はとても重要な事だと気づきます。
 私が読み込んでいる真鍋大覚先生の本にも、この「ウソ」が載っていて、読む人に挑戦していたのでした。その事をここで説明してみます。

「紀元は二千六百年」というフレーズのある歌を、亡き母がよく歌っていました。多感な十代を昭和の戦争の時代に過ごした母は、戦後と戦中の違いがあまりに大きすぎて、笑い話のようにアイロニカルに歌うのでした。
 神武天皇即位の年をBC660年とすれば、2600年はAD1940年。昭和15年です。
 1939年から第二次世界大戦が始まって日本は1941年から加わります。そんな時代の思い出の歌が、母の「紀元は二千六百年」なのでした。時代を権威づける為に、神武天皇の即位の年をBC660年に作ったのです。

 神武天皇の生誕年と即位年を、大覚先生は語ります。
「皇極帝4(AD645)年に、初めて大化なる年号を定めた。殷(の)盤庚(の)元年(BC1401)年から日本の干支が定められ、その2000年後が推古帝8(AD600)年であり諡号はその由来を語る。、、(中略)」「神武帝(在位BC660-BC585)の御生誕の年、即ちBC711年辛未を以て紀元とすれば、1355年後はまさに大化元年(AD645)となるから暦日が至元に復したことを世人は理解していたかもしれない。」

 中国の殷で干支が使われ始めた(暦の初め)紀元前1401年から日本の推古天皇600年までがちょうど2000年。そこから更に2000年先は2600年。
 日本初の元号、大化元年が645年。神武天皇の生誕を紀元前711年とすると、大化元年までの間が1355年。そこから更に1355年先がちょうど西暦2000年。
 紀元前711年から2600年後は1889年。それは明治憲法発布の年。、、、、。

 2000年にも1355年にも何の意味も無いと思うのですが、大覚先生は1355年を「一つの還暦の基準としていた。」と語り、一太陽年 365.24219日を掛けて494903.167日という数字を得ます。
1355X365.24219=494903.167
 494903は「良くよく見」。これを天文と星占いに精通していた天武天皇の歌に当てるのです(!)。

 天武天皇の万葉集に載る歌 
 27
 よき人のよしとよく見てよしと言ひし
 吉野よく見よよき人よく見つ
 紀に曰く、八年己卯五月庚辰朔甲申、吉野宮に幸しきといへり。


天武天皇の頃から494903という数が知られていた、としたら、1355年という数字も意味のあることになります。その起点の神武天皇の生誕年711年が、正しい数字であるかのように印象づけられます。明治期に創作されたのだとは思えなくなります。まさに「よく見よ」です。

 真鍋大覚は星の和名を記した「儺の国の星」の序文に、この説明と歌を載せます。序文、です。まず初めに「よく見よ」の洗礼があるのです。
 星を見る人達は、時にその日月を正しく語らない。
序文でまずその事を示します。「よき人よく見」なのです。それは日本書紀が書かれた時代から、ずっと続いて来たことなのだと思いました。

 藤原宮御井歌から始まった探検は歴史に這い入って行きます。でも、想像する天文現象の日時と、旧暦の日時が会わないのです。
 星空を再現するPSPプレイステーションポータブルのホームスターが示す星空と、iPhoneアプリの天文学3D+が再現する空は、わずか30分しか差異がありません。私の持っている古いホームスターの星空と、最新の天文学3D+の星空の差が1時間も無いのです。古代の星空の再現は、正しくされているように見えます。なのに日本書紀の月日の記録は、新暦に変換するとあわなくなるのです。まるで現在のグレゴリウス暦を使って日本書紀を書いているかの様です。

 それは暦が混在しているのだと思いました。新暦の日時と旧暦の日時を混ぜて未来のスケジュールを立てる事は出来ませんが、過去の記録ならどうでしょう。日本書紀や続日本紀では、もう終わった事を書いているのですから。太陰暦と太陽暦を混在させる事で、事件の順番よりも大事な情報を、そこに、太陽暦の月日に、篭めたと考えました。
 立春や春分、啓蟄や雨水などの二十四節気は太陽が黄道上のどこにあるかで決まります。冬至から133日目が立夏です。それが5月5日です。
 恒気法という二十四節気の決め方では、一年の8分の3、太陽が春分点から45度の位置に来た時が立夏です。冬至から135日目の5月7日にあたります。
 この立夏の日が、すばる星に太陽が一番近づく日、なのでした。

 太陽がすばる星に一番近づく日。5月5日の祭りが、相模国府祭(さがみこうのまち)です。六所神社に集まった6カ所の神様の祭りです。これはすばる星の祭りであると「織姫星と鎌倉」(私家版 2014年)に書きました。

 神奈川県逗子市池子の蛇退治伝説は781年の5月8日です。6人の勇者が7つの頭を持つ蛇を退治します。7つの頭を持つ蛇とは、北斗七星であると想像しました。6人の勇者とは、6人の地域代表で、もちろんすばる星を表しています。

 池子の北東に六浦の港があります。今は横浜市金沢区六浦になって「むつうら」と呼ばれていますが、六連(むつら)という港だったのです。六連星とはすばる星のことです。
 北東から昇ってくるすばる星を池子から見ると、六浦の方から昇って来るように見えます。つまり「すばる港」です。「むつら」という名前は池子の人達がつけた名前だと解ります。
 すばる星は天頂高く上がってくるので、池子の上へやって来るように見えます。その後は北西に沈むのですが、北西には鎌倉があって、そこに奈良時代の郡衙があるのでした。最新の文化と技術を持った中央に、6つの家族でできた古い連合国の体質を持つ、地方の文化が負けてしまった姿だと想像しました。

 5月5日に神楽を奉納する祭りや、その半年後の、同じ星空が夜に見えている10月から11月初めの祭り。そんな神社は、すばる星を見ていた古い祭祀の残りなのではないかと思いました。

参照:
244.藤原の宮の御井の歌 東の縦と西の横 藤井原の井戸と御井
246.高市皇子の星空 藤原宮御井歌2 すばる星の下に立つ
247.天文現象の事実と記載された歴史の差 藤原宮御井歌3 5月5日はすばる星と太陽の日
248.天武天皇とすばる星 吉野の盟約


 リーフレット「星月夜の鎌倉と塔の辻」地湧社  60頁 600円。
 私家版「織姫星と鎌倉」銀の鈴社 272頁 2000円。
 メールしていただければ郵送いたします。

      


:::Top 最新の目次に戻る:::


  ***亀子***
( 31 Jan. 2015)

     

   
十字形手水鉢(神奈川県藤沢市)

:::::目次:::::

:::Top最新のページ:::

・・・地図上の直線
地図に線を引くとわかる設計
(ランドデザイン)

・・・地上の星座
天体の運行を取り入れた景観

:::1.天平の星の井19Apr:::
:::2.虚空蔵菩薩堂:::

3.霊仙山20Apr:::

:::4.飛竜の都市:::
:::5.分水嶺:::

6.道の意匠:::

:::7.修験道の現在形:::

:::8.鎌倉の白い岩:::

:::9.セキサンガヤツ:::

10.若宮大路のカレンダー:::

11.神奈川県の鷹取山:::

12.鎌倉の正三角形:::

:::13.鎌倉の名の由来:::
:::14.今泉という玄武:::

:::15.夜光る山:::

:::16.下りてくる旅人:::

:::17.円覚寺瑞鹿山の端:::

:::18.鎌倉の獅子(1):::
:::19.望夫石(2):::
:::20.大姫の戦い(3):::

21.熊野神社の謎:::
22.熊野神社+しし石:::

23.北鎌倉の地上の昴:::

24.ふるさとの北斗七星:::

25.労働条件と破軍星:::

26.北条屋敷跡の南斗六星:::

:::27.星と鎌と騎馬民 :::

28.江の島から見る北斗と昴 :::
29.由比ケ浜から見る冬の星 :::

:::30.鎌倉の謎(ひと休み) :::

31.御嶽神社の謎:::

32.塔の辻の伝説(1) :::
33.昇竜の都市鎌倉(2):::
34.改竄された星の地図(3):::
35.すばる遠望(小休)(4):::

36.長谷観音レイライン:::

37.星座早見盤と金沢文庫:::

38.鎌倉の墓所と鎮魂:::

39.ふるさとは出雲:::

40.義経の弔い:::

41.「塔の辻」の続き:::

42.子の神社:::

:::43.松のある鎌倉(1):::
:::44.星座早見盤と七賢人(2):::
:::45.山崎の里(3):::
:::46.おとうさまの谷戸(4):::
:::47.将軍のいましめ(5)井関隆子:::

:::48.ふたつあることについて:::

:::49.万葉集の大船幻影(休憩):::

:::50.たたり石:::

:::51.鎌倉の十三塚:::

52.陰陽師のお仕事:::

53.坂東平氏の大三角形と星:::
54.大船でみつけた平将門:::

55.神津島と真鶴:::

56.鷹取山のタカ
(八王子市と鎌倉市)
:::
57.鷹取山のタカ2(鷹の死):::
58.鷹取山のタカ3(宝積寺):::

:::59.岩瀬、伝説が生まれた所:::

60.重なり合う四神:::

:::61.洲崎神社:::
:::62.語らない鎌倉:::

:::63.吾妻社:::

64.約束の地(小休):::

65.若宮大路の傾き(星の都1):::
66.國常立尊(星の都2):::
67.台の天文台(星の都3):::

68.鎌倉の摩多羅神:::

69.地軸の神(星の道1):::
+++おわびと訂正+++
70.鎌倉と姫路(星の道2):::
71.頼朝以前の鎌倉(星の道3):::

72.環状列石のしくみ
(五芒星1)
:::
73.環状列石の使い方
(五芒星2)
:::
74.関谷の縄文とスバル
(五芒星3)
:::

75.十二所神社のウサギ:::

:::76.針摺橋:::

77.平安時代のジオラマ:::

78.獅子巌の四神
(藤原氏の鎌倉)
:::

79.亀石によせる:::

80.山頂の古墳:::

:::81.長尾道路の碑
(横浜市戸塚区)
:::

82.柏尾川 天平の大船幻想1 :::
83.玉縄 天平の大船幻想2 :::
84.長屋王 天平の大船幻想3 :::
85.万葉集と七夕 天平の大船幻想4 :::
86.玉の輪荘 天平の大船幻想5 :::

:::87.実方塚の謎(1)
鎌倉郡小坂郷上倉田村
:::
:::88.戸塚町の謎(2)
鎌倉郡小坂郷戸塚町
:::
:::89.こぶた山と雀神社(3):::
:::90.雀神社の謎(4)
栃木県宇都宮市雀宮町
:::
:::91.実方紅雀伝説と銅(5)
茨城県古河市
:::

:::92.北鎌倉の悲劇:::

:::93.こぶた山と奈良東大寺:::

:::94.王の鳥ホトトギスとミソサザイ:::
:::95.悪龍と江の島:::

96.海軍さん通りの夕日:::

▲★97.今泉不動の謎:::
98.野七里:::
99.染谷時忠の屋敷跡:::

100.三ツ星とは何か
(またはアキラについて)
:::

:::48.ふたつあることについて:::
101.亀の子山と磐座、火山島:::
102.秦河勝の鎌倉:::
103.由比若宮(元八幡):::
104.北鎌倉八雲神社の山頂開発:::
105.北鎌倉 台の光通信:::
106.鎌倉の占星台:::
107.六壬式盤と星座早見盤:::
:::108.常楽寺 無熱池の伝説:::
:::131.稲荷神社の句碑:::
:::132.鎌倉に来た三千風:::
:::146.幻想の田谷 横浜市栄区田谷:::
150.鎌倉 五芒星都市:::
158.第六天社と安部清明碑:::
159.桜山の朱雀(逗子市):::
160.双子の二子山と寒川神社:::
:::161.ゴエモンの木:::
:::134.ここにあるとは 誰か知るらん:西郷四郎、会津と鎌倉:::
:::166.防空壕と遺跡(洞門山の開発):::

167.地上の銀河と星の王1(平塚市):::
168.地上に降りた星の王2
(鹿嶋神宮、香取神宮、息栖神社)
:::
174.南西214度の縄文風景(金井から星を見る):::

::: 175.おんめさま産女(うぶめ)伝説 (私説):::
176.おんめさまとカガセオ:::

177.南西214度の縄文風景 2
(大湯環状列石とカナイライン)
:::

178.御霊神社と鎌倉
(南西214度の縄文風景3)
:::

179.源頼朝の段葛とカガセオ
(南西214度の縄文風景4)
:::

::: 184.鎌倉の小倉百人一首:::

::: 185.鎌倉の小倉百人一首 2:::

:::156.せいしく橋の伝説:::
:::109.北谷山福泉寺の秘密:::
:::192.洞窟と湧水と天女:::
:::198.厳島神社の幟旗:::
:::206.庚申様はすばる星(すばる星1):::
:::207.六所神社のすばる星(すばる星2):::
215.権五郎神社と彦星
216.扇湖山荘と星
217.その八重垣をギャラクシーという
218.逗子市沼間の地上の北斗
219.星宿橋と梅田川の北斗
220.徳蔵山東渓院と梅田川の北斗
221.東慶寺の景観とすばる星
222.大船の南斗六星と星ガ谷
223.長岡京の彦星線

224.二宮町の出雲八重垣
225.六人の勇士 池子の蛇退治1

226.石楯尾神社の星

227.阿蘇内牧温泉の星
228.阿蘇神社と鶴岡八幡宮
229.カガセオの星
230.摩多羅神の居る鎌倉
231.深沢の星景色
232.鎌倉の熊野神社
233.猪鹿狼寺の秘密
234.泣塔が見ていた星
235.霜月祭のヘンバイと星
237.京都下鴨神社の星
239.スカイ島の立石と銀河 The Storr&MilkyWay
Scotland&Cygnus/1

240.オークニー島の世界遺産と天の川 Heart of Neolithic Orkney&Cygnus
Scotland&Cygnus/2

241.緑の洞門(北鎌倉駅のトンネル)とその稜線について
242.緑の洞門と北鎌倉の星の景観
243.「道の先」と円覚寺、東慶寺、浄智寺の星景色

244.藤原の宮の御井の歌

245.見開かれた眼
246.高市皇子の星空 藤原宮御井歌2
247.天文現象の事実と記載された歴史の差 藤原宮御井歌3
......池子王の戦い 池子の蛇退治2


資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子
ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)

//////無断複製を禁止します。All Rights Reserved. (C)亀子
検索にご利用下さい
inserted by FC2 system