鎌倉、まぼろしの風景。71 
鎌倉、まぼろしの風景。

          
     イメージの翼に乗って中世+近世鎌倉を妄想するページ。

星座早見盤と地形図を持って、鎌倉の地上の星座を探検中です。


かめの子山山頂跡地
戦没者慰霊碑

:::::目次:::::

:::Top最新のページ:::

・・・地図上の直線
地図に線を引くとわかる設計
(ランドデザイン)

・・・地上の星座
天体の運行を取り入れた景観

:::1.天平の星の井19Apr:::
:::2.虚空蔵菩薩堂:::

3.霊仙山20Apr:::

:::4.飛竜の都市:::
:::5.分水嶺:::

6.道の意匠:::

:::7.修験道の現在形:::

:::8.鎌倉の白い岩:::

:::9.セキサンガヤツ:::

10.若宮大路のカレンダー:::

11.神奈川県の鷹取山:::

12.鎌倉の正三角形:::

:::13.鎌倉の名の由来:::
:::14.今泉という玄武:::

:::15.夜光る山:::

:::16.下りてくる旅人:::

:::17.円覚寺瑞鹿山の端:::

:::18.鎌倉の獅子(1):::
:::19.望夫石(2):::
:::20.大姫の戦い(3):::

21.熊野神社の謎:::
22.熊野神社+しし石:::

23.北鎌倉の地上の昴:::

24.ふるさとの北斗七星:::

25.労働条件と破軍星:::

26.北条屋敷跡の南斗六星:::

:::27.星と鎌と騎馬民 :::

28.江の島から見る北斗と昴 :::
29.由比ケ浜から見る冬の星 :::

:::30.鎌倉の謎(ひと休み) :::

31.御嶽神社の謎:::

32.塔の辻の伝説(1) :::
33.昇竜の都市鎌倉(2):::
34.改竄された星の地図(3):::
35.すばる遠望(小休)(4):::

36.長谷観音レイライン:::

37.星座早見盤と金沢文庫:::

38.鎌倉の墓所と鎮魂:::

39.ふるさとは出雲:::

40.義経の弔い:::

41.「塔の辻」の続き:::

42.子の神社:::

:::43.松のある鎌倉(1):::
:::44.星座早見盤と七賢人(2):::
:::45.山崎の里(3):::
:::46.おとうさまの谷戸(4):::
:::47.将軍のいましめ(5)井関隆子:::

:::48.ふたつあることについて:::

:::49.万葉集の大船幻影(休憩):::

:::50.たたり石:::

:::51.鎌倉の十三塚:::

52.陰陽師のお仕事:::

53.坂東平氏の大三角形と星:::
54.大船でみつけた平将門:::

55.神津島と真鶴:::

56.鷹取山のタカ
(八王子市と鎌倉市)
:::
57.鷹取山のタカ2(鷹の死):::
58.鷹取山のタカ3(宝積寺):::

:::59.岩瀬、伝説が生まれた所:::

60.重なり合う四神:::

:::61.洲崎神社:::
:::62.語らない鎌倉:::

:::63.吾妻社:::

64.約束の地(小休):::

65.若宮大路の傾き(星の都1):::
66.國常立尊(星の都2):::
67.台の天文台(星の都3):::

68.鎌倉の摩多羅神:::

69.地軸の神(星の道1):::
+++おわびと訂正+++
70.鎌倉と姫路(星の道2):::
71.頼朝以前の鎌倉(星の道3):::

72.環状列石のしくみ
(五芒星1)
:::
73.環状列石の使い方
(五芒星2)
:::
74.関谷の縄文とスバル
(五芒星3)
:::

75.十二所神社のウサギ:::

:::76.針摺橋:::

77.平安時代のジオラマ:::

78.獅子巌の四神
(藤原氏の鎌倉)
:::

79.亀石によせる:::

80.山頂の古墳:::

:::81.長尾道路の碑
(横浜市戸塚区)
:::

82.柏尾川 天平の大船幻想1 :::
83.玉縄 天平の大船幻想2 :::
84.長屋王 天平の大船幻想3 :::
85.万葉集と七夕 天平の大船幻想4 :::
86.玉の輪荘 天平の大船幻想5 :::

:::87.実方塚の謎(1)
鎌倉郡小坂郷上倉田村
:::
:::88.戸塚町の謎(2)
鎌倉郡小坂郷戸塚町
:::
:::89.こぶた山と雀神社(3):::
:::90.雀神社の謎(4)
栃木県宇都宮市雀宮町
:::
:::91.実方紅雀伝説と銅(5)
茨城県古河市
:::

:::92.北鎌倉の悲劇:::

:::93.こぶた山と奈良東大寺:::

:::94.王の鳥ホトトギスとミソサザイ:::
:::95.悪龍と江の島:::

96.海軍さん通りの夕日:::

▲★97.今泉不動の謎:::
98.野七里:::
99.染谷時忠の屋敷跡:::

100.三ツ星とは何か
(またはアキラについて)
:::

:::48.ふたつあることについて:::
101.亀の子山と磐座、火山島:::
102.秦河勝の鎌倉:::
103.由比若宮(元八幡):::
104.北鎌倉八雲神社の山頂開発:::
105.北鎌倉 台の光通信:::
106.鎌倉の占星台:::
107.六壬式盤と星座早見盤:::
:::108.常楽寺 無熱池の伝説:::
:::131.稲荷神社の句碑:::
:::132.鎌倉に来た三千風:::
:::146.幻想の田谷 横浜市栄区田谷:::
150.鎌倉 五芒星都市:::
158.第六天社と安部清明碑:::
159.桜山の朱雀(逗子市):::
160.双子の二子山と寒川神社:::
:::161.ゴエモンの木:::
:::134.ここにあるとは 誰か知るらん:西郷四郎、会津と鎌倉:::
:::166.防空壕と遺跡(洞門山の開発):::

167.地上の銀河と星の王1(平塚市):::
168.地上に降りた星の王2
(鹿嶋神宮、香取神宮、息栖神社)
:::
174.南西214度の縄文風景(金井から星を見る):::

::: 175.おんめさま産女(うぶめ)伝説 (私説):::
176.おんめさまとカガセオ:::

177.南西214度の縄文風景 2
(大湯環状列石とカナイライン)
:::

178.御霊神社と鎌倉
(南西214度の縄文風景3)
:::

179.源頼朝の段葛とカガセオ
(南西214度の縄文風景4)
:::

::: 184.鎌倉の小倉百人一首:::

::: 185.鎌倉の小倉百人一首 2:::

:::156.せいしく橋の伝説:::
:::109.北谷山福泉寺の秘密:::
:::192.洞窟と湧水と天女:::
:::198.厳島神社の幟旗:::


資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子
ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)


頼朝以前の鎌倉(星の道3)          

 鎌倉市の源氏山公園につながる葛原が岡には、
葛原岡神社がある。後醍醐天皇に仕え倒幕計画
が発覚して斬首された(1332年)日野俊基を祀
る。明治20年(1887年)に創建された新しい神社
だ。

 それ以前はというと、扇ガ谷の巽神社の縁起に、
延暦20年(801年)坂上田村麻呂が葛原が岡に
勧請した。とある。巽神社の祭神は沖津日子神と
沖津日女神、火産霊神(ほむすびのかみ)だから、
火事にならないように祈る神だ。鈴木千歳先生の、
古代鎌倉考によれば、梶原は火事原。ヤマトタケル
が、野に火をつけられ、立ち往生した場所だそうだ。
葛原が岡の山頂から梶原の谷を見下ろして、東夷
に立ち向かった往事を思ったのだろうか。

 火難除の神が扇ガ谷に移築したのは、その辺が
刀鍛冶の場所であって、火の粉が飛び散る仕事場
の安全のためだと思われる。神社も時代によって変
転するのだ。
 坂上田村麻呂が東国のエミシを鎮圧するために、
鎌倉を通過するとき、神話の時代のヤマトタケルを
思い出して、葛原が岡に神社を建てた。と言う事か。
 犠牲になったタケルの妃の弟橘姫(おとたちばなひ
め)は、穂積氏忍山宿禰の娘なのだそうだ。穂積氏は
後世、熊野神社とともに全国に増えた穂積姓鈴木氏
として栄えたのだそうだ。そして穂積氏は、物部氏と
同族なのだそうだ。葛原が岡を東に下ると綴喜里
(つつきのさと)、物部氏の里である。

 葛原岡神社の南にある日野俊基の墓に立って、振り
向くと富士山が見える。墓は富士を見ている。という
よりは、彼の場合、京都を見ていると言う方がふさわ
しい。と、思う。
 坂上田村麻呂が 葛原が岡に神社を作った801年、
その前年から富士山は噴火していて、翌年まで続い
たのだそうだ。火が鎮まります様にと、ここから眺めて
祈ったのかもしれない。

 その後、桓武天皇の子の葛原親王が、天長2年(825
年)に、子供達に平(たいら)の姓を名乗らせることを許
された。葛原親王の孫の平高望は関東に住着き、その
子孫から坂東平氏ができたのだそうだ。藤沢市の宮前
から村岡城趾、鎌倉の上町屋天満宮に伝承が残る
平良文や、鎮守府将軍の平良持、その子の平将門。将門
に殺された常陸大掾の平国香。彼らの祖先が葛原親王
ということで、その名をとって葛原が岡と言うらしい。

 横浜市栄区公田町にはその葛原親王の妃の、照玉姫の
塚と言われる上臈塚(じょうろうづか)がある。

 また、天安元年(857年)葛原親王の孫の平政子が、相
模国で亡くなり、塚を作ったことから「平塚」という名がつ
いたという。

 では、鎌倉には何があるのか。というと、葛原親王廟址
があるらしい。天明3年(1783年)に神主の小坂伊予が
書いた「御霊宮由来」によると、宮前の御霊神社の巽の
方の山上に、葛原親王廟址はあるのだという。

 巽(たつみ)すなわち南東の方向に、宮前御霊神社か
ら線を引くと、笛田のかめの子山にあたる。ここは山頂
の位置に戦没者慰霊碑があって、山は崩されていた。
 手広の公民館の様な、星を見る直線道路が北から17
度西へのびている。かめの子山は真北の玄武に当って
いて、小袋谷の亀甲山と同じだ。玄武の上を北斗七星
がめぐる。沈み始める北斗が、道の先に落ちていくのだ。
参照:48.ふたつあることについて
参照:67.台の天文台(星の都3)

 北辰信仰は平良文とそのお母さんが熱心だったらしい。
葛原親王のお父さんの桓武天皇は、天帝を祀った道教
に詳しい天皇だった。らしい。そしてもっと前の、天武天皇
(在位673年 - 686年)が、天文台や陰陽寮を作り、星を
祀る天皇だったのだそうだ。
 鎌倉の歴史を調べていくと、天武天皇に行き当たる。 
天武天皇から桓武天皇までの間の藤原氏の人々が、鎌倉
には重要らしいのだ。そこのところが、まだどうしても、解ら
ない。

:::Top 最新の目次に戻る:::


  ***亀子***
( 30 Mar.2008-30May2012)
 
     

//////無断複製を禁止します。All Rights Reserved. (C)亀子
検索にご利用下さい
inserted by FC2 system