鎌倉、まぼろしの風景。

     イメージの翼に乗って中世鎌倉を妄想するページ。

:::::目次:::::

:::Top最新のページ:::

・・・地図上の直線
地図に線を引くとわかる設計
(ランドデザイン)

・・・地上の星座
天体の運行を取り入れた景観

:::1.天平の星の井19Apr:::
:::2.虚空蔵菩薩堂:::

3.霊仙山20Apr:::

:::4.飛竜の都市:::
:::5.分水嶺:::

6.道の意匠:::

:::7.修験道の現在形:::

:::8.鎌倉の白い岩:::

:::9.セキサンガヤツ:::

10.若宮大路のカレンダー:::

11.神奈川県の鷹取山:::

12.鎌倉の正三角形:::

:::13.鎌倉の名の由来:::
:::14.今泉という玄武:::

:::15.夜光る山:::

:::16.下りてくる旅人:::

:::17.円覚寺瑞鹿山の端:::

:::18.鎌倉の獅子(1):::
:::19.望夫石(2):::
:::20.大姫の戦い(3):::

21.熊野神社の謎:::
22.熊野神社+しし石:::

23.北鎌倉の地上の昴:::

24.ふるさとの北斗七星:::

25.労働条件と破軍星:::

26.北条屋敷跡の南斗六星:::

:::27.星と鎌と騎馬民 :::

28.江の島から見る北斗と昴 :::
29.由比ケ浜から見る冬の星 :::

:::30.鎌倉の謎(ひと休み) :::

31.御嶽神社の謎:::

32.塔の辻の伝説(1) :::
33.昇竜の都市鎌倉(2):::
34.改竄された星の地図(3):::
35.すばる遠望(小休)(4):::

36.長谷観音レイライン:::

37.星座早見盤と金沢文庫:::

38.鎌倉の墓所と鎮魂:::

39.ふるさとは出雲:::

40.義経の弔い:::

41.「塔の辻」の続き:::

42.子の神社:::

:::43.松のある鎌倉(1):::
:::44.星座早見盤と七賢人(2):::
:::45.山崎の里(3):::
:::46.おとうさまの谷戸(4):::
:::47.将軍のいましめ(5)井関隆子:::

:::48.ふたつあることについて:::

:::49.万葉集の大船幻影(休憩):::

:::50.たたり石:::

:::51.鎌倉の十三塚:::

52.陰陽師のお仕事:::

53.坂東平氏の大三角形と星:::
54.大船でみつけた平将門:::

55.神津島と真鶴:::

56.鷹取山のタカ
(八王子市と鎌倉市)
:::
57.鷹取山のタカ2(鷹の死):::
58.鷹取山のタカ3(宝積寺):::

:::59.岩瀬、伝説が生まれた所:::

60.重なり合う四神:::

:::61.洲崎神社:::
:::62.語らない鎌倉:::

:::63.吾妻社:::

64.約束の地(小休):::

65.若宮大路の傾き(星の都1):::
66.國常立尊(星の都2):::
67.台の天文台(星の都3):::

68.鎌倉の摩多羅神:::

69.地軸の神(星の道1):::
+++おわびと訂正+++
70.鎌倉と姫路(星の道2):::
71.頼朝以前の鎌倉(星の道3):::

72.環状列石のしくみ
(五芒星1)
:::
73.環状列石の使い方
(五芒星2)
:::
74.関谷の縄文とスバル
(五芒星3)
:::

75.十二所神社のウサギ:::

:::76.針摺橋:::

77.平安時代のジオラマ:::

78.獅子巌の四神
(藤原氏の鎌倉)
:::

79.亀石によせる:::

80.山頂の古墳:::

:::81.長尾道路の碑
(横浜市戸塚区)
:::

82.柏尾川 天平の大船幻想1 :::
83.玉縄 天平の大船幻想2 :::
84.長屋王 天平の大船幻想3 :::
85.万葉集と七夕 天平の大船幻想4 :::
86.玉の輪荘 天平の大船幻想5 :::

:::87.実方塚の謎(1)
鎌倉郡小坂郷上倉田村
:::
:::88.戸塚町の謎(2)
鎌倉郡小坂郷戸塚町
:::
:::89.こぶた山と雀神社(3):::
:::90.雀神社の謎(4)
栃木県宇都宮市雀宮町
:::
:::91.実方紅雀伝説と銅(5)
茨城県古河市
:::

:::92.北鎌倉の悲劇:::

:::93.こぶた山と奈良東大寺:::

:::94.王の鳥ホトトギスとミソサザイ:::
:::95.悪龍と江の島:::

96.海軍さん通りの夕日:::

▲★97.今泉不動の謎:::
98.野七里:::
99.染谷時忠の屋敷跡:::

100.三ツ星とは何か
(またはアキラについて)
:::

:::48.ふたつあることについて:::
101.亀の子山と磐座、火山島:::
102.秦河勝の鎌倉:::
103.由比若宮(元八幡):::
104.北鎌倉八雲神社の山頂開発:::
105.北鎌倉 台の光通信:::
106.鎌倉の占星台:::
107.六壬式盤と星座早見盤:::
:::108.常楽寺 無熱池の伝説:::
:::131.稲荷神社の句碑:::
:::132.鎌倉に来た三千風:::
:::146.幻想の田谷 横浜市栄区田谷:::
150.鎌倉 五芒星都市:::
158.第六天社と安部清明碑:::
159.桜山の朱雀(逗子市):::
160.双子の二子山と寒川神社:::
:::161.ゴエモンの木:::
:::134.ここにあるとは 誰か知るらん:西郷四郎、会津と鎌倉:::
:::166.防空壕と遺跡(洞門山の開発):::

167.地上の銀河と星の王1(平塚市):::
168.地上に降りた星の王2
(鹿嶋神宮、香取神宮、息栖神社)
:::
174.南西214度の縄文風景(金井から星を見る):::

::: 175.おんめさま産女(うぶめ)伝説 (私説):::
176.おんめさまとカガセオ:::

177.南西214度の縄文風景 2
(大湯環状列石とカナイライン)
:::

178.御霊神社と鎌倉
(南西214度の縄文風景3)
:::

179.源頼朝の段葛とカガセオ
(南西214度の縄文風景4)
:::

::: 184.鎌倉の小倉百人一首:::

::: 185.鎌倉の小倉百人一首 2:::

:::156.せいしく橋の伝説:::
:::109.北谷山福泉寺の秘密:::
:::192.洞窟と湧水と天女:::
:::198.厳島神社の幟旗:::


資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子
ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)


円覚寺瑞鹿山の端          27 Jun.2007

     
 梅雨の小雨が止んだ頃に、北鎌倉の八雲神社を訪ねた。
神社の傍に山道が続いていて、登りきった所がぽっかりと
空き地だった。鎌倉時代の屋敷跡か寺院跡だと直感するの
だけれど、どの本を見たら確かめられるのだろう。瑞鹿山
の麓だから、円覚寺の絵図で分かるのだろうか。
鬱蒼とした木々で景色は見えないのだけれど、そこがどん
な所なのかは途中の階段を登る途中で理解出来た。
 北西に開けて城廻の山がはっきり見えていた。マンショ
ンの屋上を飛び越して、山崎天神の山が見えていた。
正面は台上町の稲荷神社。南に目を向けると、瓜が谷の奥
深くに、桔梗山の山頂が見えたのだった。

 ここは鎌倉を守る見張りの塔の一つなんだ。
 もちろん、火の見やぐらの様な無粋なものは作らない。
桜の木が富士山の見えるそばに植えられていた。きっと夕
焼けの美しい瀟洒な草庵だったと思う。

 鎌倉は三方を山で囲まれた要塞だ。実際は縦横無尽の山
道で連絡されてはいるのだけれど、たとえば牛車が鎌倉入
りできる道は少ない。数百数千の騎馬軍団が隊列を組んで
入れる所は無いのだ。たとえば西の藤沢から手広へ笛田へ
と軍団を進めても、大仏坂切通しで止まってしまう。笛田
に面した山の上、常磐の殿の入りには、五代執権長時の兄
弟の平義政の別邸がある。住居は名越で、こちらは東の切
通しの上だ。六代執権北条政村も常磐の峰山に別邸を持つ。
その歴代北条さんちの庭山が桔梗山115m。狼煙でも鏡通信
でも、目視で一直線なのが円覚寺の瑞鹿山の端だった。

 北から来る騎馬隊だったら、山崎の天神山から見える。
山ノ内に進入した隊列は円覚寺の北門で進路を閉ざされる。
今は交番がある円覚寺前の県道には門があって真っ直ぐに
進む事が許されず、馬道へ迂回して通ったそうだ。
 その先は建長寺の山門があって、小袋坂切通しに行くま
でに二重のチェックがかかっている。

 円覚寺は弘安の役(弘安四年)で死んだ兵を敵味方区別
無く弔う為に、七代執権北条時宗が建てた寺だそうだ。
 円覚寺が出来たのは弘安五年(1282)だけれど、建設を
始めたのは4年前だ。元寇があってもなくても、どうしても
ここに、数百人の若者を駐屯させておきたかったのだろう。
 山崎の北野神社は、円覚寺黄梅院によって貞治元年(1362)
に再建されている。山崎の鎮守様ではあるけれど、北条氏
の設置した円覚寺の付属施設、鎌倉の見張り台でもあるんだ。
 鎌倉は武家が作った要塞都市だ。それは旧鎌倉の範囲を
越えて、大船、岡本にもその設計が生きている。
 高層建築で見晴らしが途切れないように、その昔、武家
達の仕組んだ視線が寸断されない様に、今見えている景観
の意味をみんなで楽しみたい。鎌倉を作った武家達の、戦
争の時代の、不安に備える知恵を知りたいと思う。


 
  ***亀子***
(22 Jun.2007-14 Jun.2012)
 
     

//////無断複製を禁止します。All Rights Reserved. (C)亀子
検索にご利用下さい
inserted by FC2 system