鎌倉、まぼろしの風景。172 

鎌倉、まぼろしの風景。


          
     

イメージの翼に乗って「星月夜の鎌倉」を妄想するページ。

星座早見盤と地形図を持って、鎌倉の地上の星座を探検中です。


北鎌倉の石仏

:::::目次:::::
:::Top 最新の目次に戻る:::


亡備録 私的用語集
大淀三千風の日本行脚文集


+++キリシタンと江戸文化

110.東渓院菊姫
北鎌倉と豊後竹田

111.キリシタンの二十三夜

112.東慶寺の姫

113.徳川直轄地の
キリシタン

114.キリシタン受難像

115.江戸の幽霊
お岩とお菊

116.江戸の狂歌師
酔亀亭天広丸

117.江戸の蕎麦とお菓子

118.禁止された教え

119.葛飾北斎の1834年
旅する江戸人1

120.近松門左衛門の1719年
旅する江戸人2

121.大淀三千風の1686年
旅する江戸人3

122.大淀三千風の鴫立庵
123.柴又帝釈天の1779年
旅する江戸人4

124.飯島崎の六角の井

125.古狸塚

126.六地蔵・芭蕉の辻と
潮墳碑

127.キリシタン洞窟礼拝堂

128.十字架の菜の花

129.黙阿弥の白波五人男

130.大山の木食上人
旅する江戸人5

133.「忠直乱行」を読む
旅する江戸人6

135.駿河大納言忠長の遺業
旅する江戸人7

136.松平忠長の侍達
旅する江戸人8

137.許六と芭蕉

138.忠直とサンチャゴの鐘
豊後竹田と北鎌倉

139.沖の花(大分 瓜生島伝説)

140.鎌倉の庚申塔1・キリスト磔刑図
141.鎌倉の庚申塔2・嘆きの猿
142.鎌倉の庚申塔3・猿の面

143.曾根崎心中の道行き

144.義経千本桜の幻惑

145.建長寺のジョアン

147.椿地蔵と手まり歌

148.鎌倉という名の火祭り

149.玉藻ノ前と殺生石

151.不屈の第六天社(藤沢)
152.第六天の女神(戸塚)
153.玉縄城の第六天(鎌倉)

154.お花畑と後北条氏

155.落柿舎と鎌倉地蔵

157.平塚の4手の庚申塔

162.十文字鳥居と手水鉢
(藤沢市江ノ島)

163.八橋検校の秘曲と「千鳥」

164.半僧坊と明治憲法

165.夜空にかかる十字架
(明月院の谷)

169.馬頭観音の天衣(1)
170.マリアの石碑(2)
171.マリアの影を石に刻む(3)

172.六地蔵、葎塚(むぐらづか)と芭蕉(山梨県)

173.化粧するお地蔵様

180.大淀三千風のすみれと芭蕉

181.謡坂と善智鳥
(うとうざかとウトウ)

182.善知鳥と江戸大殉教

183.芭蕉の見た闇
(名古屋市・星崎)

186.キリシタンの古今伝授

187.鎌倉仏教とマニ教

188.謎の桜紋

189.西行と九尾の狐

190.○と□ (丸と四角、マリアとイエス)

191.踊場の猫供養塔(横浜市泉区)

193.貞宗院様の遺言(貞宗寺:鎌倉市植木)

194.崇高院様の山門(成福寺:鎌倉市小袋谷)

195.鎌倉光明寺54世松誉上人(書かれた文字1)

196.涌井藤四郎の新潟湊騒動(書かれた文字2)

197.鎌倉大仏縁起・(書かれた文字3)

199.扁額にある記号(書かれた文字4)

200.こゆるぎの松
(1鎌倉の小動)

201.城山公園の石碑
(2大磯の小動)

202.小ゆるぎの里
(3寒川の小動)

203.謡曲「隅田川」と田代城主

204.イボとり地蔵の小石

205.港町の杯状穴


江戸文化に
キリシタンの影響を見る。

見ず 聞かず
言はざる までは
つなげども
思はざる こそ
つながれもせず

(心に思う事を
罰する事はできない)

諸国里人談 巻三一「三猿堂」
菊岡沾凉(米山)著1743年刊



写真集
私説:キリシタン遺物と
その影響下に作られたと思われる
石碑と石仏


亀の蔵

「鎌倉、まぼろしの風景」
の要約。

書かなかったことや
後から書き足す事ども。


知る者は言わず
言う者は知らず《老子》

資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子

Twitter:@ninayzorro

ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)

   
キリシタンと江戸文化

172.六地蔵、葎塚(むぐらづか)と芭蕉 (山梨県)


 山梨県の甲斐大和駅から大菩薩嶺の方へ向かって山道を辿ると、臨済宗建長寺派の天目山栖雲寺がある。
 この寺には密かに伝えられて来た虚空蔵菩薩の絵がある。江戸時代に見つかっていたら、命を落とすことになる秘画である。
 十字架を持つ菩薩像は、この地で亡くなった有馬プロタジオ晴信の姿である、と伝えられて来たそうだ。
参照:117.江戸の蕎麦とお菓子
 それがもっと古く、中国の元の時代の景教の聖人像である、という可能性が出て来たのだそうだ。すごい。
 アメリカの美術館に貸し出される前に、皆さんにお披露目を、ということになった。すごい。
 詳細はお寺のHPにある。
 + + +

 「新版 山梨県の歴史散歩」山川出版社1988年発行 を読んだ。
 そこに「用津院(ゆうしいん)の六地蔵」という写真があった。天目山栖雲寺の虚空蔵菩薩のお披露目を見た帰りに、その六地蔵を訪ねた。

用津院の六地蔵

 都留市金井にある用津院の六地蔵は、石の六角柱の一面づつに地蔵が彫られている。蓮台と宝珠の乗った笠が付いている。そして1681年(延宝9)に亡くなった7人の名主の名前が彫ってある。風化して読み取りにくくなっていたけれど。
 それは村民を救うために立ち上がった人達の記録なのだ。 「新版 山梨県の歴史散歩」に秋元領百姓一揆という記事があった。

 1666年(寛文6)は凶作だった。翌年にかけて餓死者が出て、領内2万人が陳情をしたのだ。年貢は九公一民だった。
 翌年1668年(寛文8)、代表の大明見村(おおあすみむら)の庄屋と朝日村の庄屋は金井河原で打ち首になった。
 厳しい弾圧のなか、甲斐国最東端の秋山村に、村の代表44人が集まった。領主の秋元摂津守喬朝に、検地と年貢の改正を嘆願しようと決まった。郡内19ヵ村から選ばれた7人の代表と56人は1680年(延宝8)に江戸屋敷へ嘆願。聞き入れられず、国に残っていた庄屋組頭達が捕縛される。翌年1681年(延宝9:天和1)、江戸町奉行に越訴に及ぶ。同年2月14日、秋山村惣代の関戸左近は磔、他の6人は斬首。さらに、騒動に参加した117人が死罪となった。
参照:芭蕉と甲斐 総論 
 その後に、彼らを記憶する六地蔵が立てられた。それは領主の目をあざむくもので、郡内地方の各村々に六地蔵が立てられていったのだそうだ。
参照:「新版 山梨県の歴史散歩」山川出版社 1988 

 村の辻や墓地の入り口に、六地蔵が建てられ始めたのはいつ頃からなのだろう。甲州街道に面した甲斐国谷村藩(郡内藩)で、税の緩和を願った人達がいた、彼らは殺されたけれど村民は地蔵を作って記念とし、彼らを讃えた、地蔵を拝むことは彼らの抵抗(レジスタンス)だ。それはこの時代に公に記された歴史には絶対に出て来ない庶民の正史であると思うのだ。 

参考:円覚寺黄梅院武山堂前の六地蔵灯籠

 この歴史では秋元喬朝は冷酷な領主である。でもウィキペディアに書いてある秋元喬知(喬朝)は、地域の産業を興し水利事業に詳しいスマートな老中、幕府の中枢だ。有能な幕府中枢の武士と冷酷に村人を殺す谷村藩主は共存するらしい。
 彼は1677年(延宝5)に奏者番になった。満28歳。それから寺社奉行になるまでの4年間、1681年まで。その間に秋元領百姓一揆が終焉する。この4年は松尾芭蕉が神田川の浚渫工事を監督していた期間に重なる。千人もの人を使って数年に一度行なわれる事業だそうだ。子供時代には伊賀上野城付き藤堂新七郎家(5000石)の3男の付き人をやっていた彼である。人に使われ人を使う、そういう仕事には慣れていたのだ。
 その江戸の水利事業、土木工事に才能を発揮していたのが秋元喬知なのだそうだ。
参照:おくのほそ道(全)角川書店・編 角川文庫

 124人の村人が処刑された翌年に、松尾芭蕉は事件現場である甲斐国谷村藩を訪れている。江戸深川の芭蕉庵が火事で焼けたから、ということらしい。一番弟子の基角は、訪問は翌々年の「天和3年」と、書いているそうだ。翌年なのか翌々年なのか、研究者の方々でも意見が分かれるらしい。
 芭蕉のお弟子さんに高山伝右衛門繁文という人がいて、彼は秋元喬知の甲斐国家老、なのだそうだ。彼が芭蕉を谷村城下に招いた、とする学説もあるそうだ。
 芭蕉が谷村に行くと聞いて、基角は、「ちょうどいい、私の姉が谷村に住んでいるので、訪ねてみて下さい。」と、言ったとか。基角には姉などいない、という人もいるそうだ。神田川工事の後にやってきた新しい仕事、芭蕉の仕事に対して憎まれ口を言う基角は、芭蕉のもっとも身近かにいた敵対者だと思う。

 基角が編集した天和3年の「虚栗(みなしぐり)」の続編、「続虚栗」1687年(貞亨4)にある芭蕉の句。芭蕉の2度目の甲斐訪問の時の句だそうだ。

 甲斐山中

 山賤の頤登づる葎哉

 やまがつの おとがいとずる むぐらかな

 山道で貧しい木こりに出会った。話しかけても黙ったままだ。田舎の人は朴訥(ぼくとつ)だ。まるで山の蔓草にあごを縛られている様だ。
 この句は、そう解釈されている。木こりの菅笠が、叩いて柔らかくした蔓であごに結ばれていたのかもしれない。木綿の紐さえ貴重品であったのかもしれない。
 この句を、秋元領騒動の句だとして読んでみよう。
 村人が磔、斬罪になった翌年に村に入って作った句だとしてみよう。

 山ばかりのこの地の農民を、しゃべらせない様に、訴えることができないように、「むぐら(山の蔓草)」はそのあごを縛っている。

 そう読めるだろう。「むぐら」とは秋元喬知のことである。従五位下侍従但馬守藤原朝臣秋元喬朝、彼の本性は藤原さんなのだ。
 美しく咲く都の藤を、「山のむぐら」と言い切ったのは、農民の側に立っている、という宣言である。
 芭蕉が「聖俳」と讃えられる理由の一つだと思う。
参照:山梨きまぐれ歴史散歩2009年7月17日

 でも、江戸時代に、そんなことが書けただろうか。後に江戸城老中となる秋元喬知を、だ。
 彼を甲斐谷村に招いたのが谷村城家老の高山伝右衛門であったとしたら、芭蕉は彼の家を訪問したかもしれない。城の正面にあったという彼の屋敷から出て来て、村中を歩き回る芭蕉を見て、村人はどう思うだろう。一揆のリーダーだった7人は死罪になって、妻と子供は所払いになった。空き家になったその家は、芭蕉の滞在用にあてられたかもしれない。
 芭蕉はここで「苦労」をしたかもしれない、と思った。
 そんな中での「むぐら」の句である。
 領主の秋元喬知が、領内のその後の情勢分析を芭蕉に依頼したとして。
 「むぐら」の句は、芭蕉の仕事に必要な一句だっただろうと思う。

 この句は1899年(明治32)に葎塚(むぐらづか)と呼ばれる句碑になった。秋元領騒動を記憶する礎(いしづえ)になっている、と私は思う。弾圧者の側にいた(と思われる)芭蕉の句が、義民を顕彰する側の石碑になるのだ。
 芭蕉が「聖俳」と讃えられる理由の一つである。芭蕉句碑なら、末代まで残るだろうと思われたのだ。
参照:137.許六と芭蕉
参照:128.十字架の菜の花
参照:126.六地蔵・芭蕉の辻と潮墳碑

 芭蕉の句をもう一つ。

 甲斐郡内谷村に白滝という滝あり。また田原の滝とも言うよし、この滝にての句なるよしと言う。

勢いあり 氷り 消えては 瀧津
 谷村逗留中の嘱目吟 天和3年(1683年) 
 

 芭蕉の仕事、谷村藩に入って領内を観察する、その報告書がこの句であると、してみよう。するとどう読めるのか。

 『一揆の終焉直後の領内の情勢分析は、「氷は消えて」火種は消え危険は去っている、と、見た。しかし領民には「勢いあり」。再度この様な一揆が、起こることもあるだろう。』

そんな風に想像する。「山梨県の歴史散歩」に、1836年(天保7)の郡内騒動が書かれている。米の買い占めを取り締まってほしいと願い出たことが打ち壊しに発展していったのだそうだ。この時は1万人もの人々が参加したという。騒動は甲府、山梨、八代、巨摩にまで広がり、沼津藩と諏訪藩からも出兵して鎮圧されたのだそうだ。
 13人が磔、死罪になり、そのうち12人が牢死。遠島以下589人。
 明治になって、この時の義民と同じ名の人が、葎塚の碑文を書いている。
 17世紀の村人と19世紀の村人が芭蕉の句で結ばれている。
 詩とは、俳句とは、すばらしい文化だと思う。
 芭蕉の句は一人歩きして、ここに住む人達の声になったのだ。
 芭蕉が「聖俳」と讃えられる理由の一つである。と、思う。


追記:
 岡本大八事件1609-1612年(慶長14-17)で、罪を得た有馬プロタジオ晴信は甲斐国郡内に流罪になった。谷村藩(郡内藩)の鳥居成次に預けられたのだ。彼の息子の有馬ミゲル直純は棄教してキリシタン弾圧者になる。その有馬直純の娘が秋元喬知のお祖母さんなのだそうだ。時代は遠いようで近いんだなあと、思った。

追記:
山梨県の東端にある秋山村(現在は上野原市)のお隣りは神奈川県相模原市緑区だ。神奈川県の最北端でもある相模原市緑区佐野川は、新編相模国風土記稿に不思議な記事が載っている地域でもある。村の古老が誰も知らない「伝承」が載せられている。不思議だ。

      


:::Top 最新の目次に戻る:::


  ***亀子***(9-24 Jul. 2010-6 Mar.2012)

     

   
柏原 一心坊

:::::目次:::::

:::Top最新のページ:::

・・・地図上の直線
地図に線を引くとわかる設計
(ランドデザイン)

・・・地上の星座
天体の運行を取り入れた景観

:::1.天平の星の井19Apr:::
:::2.虚空蔵菩薩堂:::

3.霊仙山20Apr:::

:::4.飛竜の都市:::
:::5.分水嶺:::

6.道の意匠:::

:::7.修験道の現在形:::

:::8.鎌倉の白い岩:::

:::9.セキサンガヤツ:::

10.若宮大路のカレンダー:::

11.神奈川県の鷹取山:::

12.鎌倉の正三角形:::

:::13.鎌倉の名の由来:::
:::14.今泉という玄武:::

:::15.夜光る山:::

:::16.下りてくる旅人:::

:::17.円覚寺瑞鹿山の端:::

:::18.鎌倉の獅子(1):::
:::19.望夫石(2):::
:::20.大姫の戦い(3):::

21.熊野神社の謎:::
22.熊野神社+しし石:::

23.北鎌倉の地上の昴:::

24.ふるさとの北斗七星:::

25.労働条件と破軍星:::

26.北条屋敷跡の南斗六星:::

:::27.星と鎌と騎馬民 :::

28.江の島から見る北斗と昴 :::
29.由比ケ浜から見る冬の星 :::

:::30.鎌倉の謎(ひと休み) :::

31.御嶽神社の謎:::

32.塔の辻の伝説(1) :::
33.昇竜の都市鎌倉(2):::
34.改竄された星の地図(3):::
35.すばる遠望(小休)(4):::

36.長谷観音レイライン:::

37.星座早見盤と金沢文庫:::

38.鎌倉の墓所と鎮魂:::

39.ふるさとは出雲:::

40.義経の弔い:::

41.「塔の辻」の続き:::

42.子の神社:::

:::43.松のある鎌倉(1):::
:::44.星座早見盤と七賢人(2):::
:::45.山崎の里(3):::
:::46.おとうさまの谷戸(4):::
:::47.将軍のいましめ(5)井関隆子:::

:::48.ふたつあることについて:::

:::49.万葉集の大船幻影(休憩):::

:::50.たたり石:::

:::51.鎌倉の十三塚:::

52.陰陽師のお仕事:::

53.坂東平氏の大三角形と星:::
54.大船でみつけた平将門:::

55.神津島と真鶴:::

56.鷹取山のタカ
(八王子市と鎌倉市)
:::
57.鷹取山のタカ2(鷹の死):::
58.鷹取山のタカ3(宝積寺):::

:::59.岩瀬、伝説が生まれた所:::

60.重なり合う四神:::

:::61.洲崎神社:::
:::62.語らない鎌倉:::

:::63.吾妻社:::

64.約束の地(小休):::

65.若宮大路の傾き(星の都1):::
66.國常立尊(星の都2):::
67.台の天文台(星の都3):::

68.鎌倉の摩多羅神:::

69.地軸の神(星の道1):::
+++おわびと訂正+++
70.鎌倉と姫路(星の道2):::
71.頼朝以前の鎌倉(星の道3):::

72.環状列石のしくみ
(五芒星1)
:::
73.環状列石の使い方
(五芒星2)
:::
74.関谷の縄文とスバル
(五芒星3)
:::

75.十二所神社のウサギ:::

:::76.針摺橋:::

77.平安時代のジオラマ:::

78.獅子巌の四神
(藤原氏の鎌倉)
:::

79.亀石によせる:::

80.山頂の古墳:::

:::81.長尾道路の碑
(横浜市戸塚区)
:::

82.柏尾川 天平の大船幻想1 :::
83.玉縄 天平の大船幻想2 :::
84.長屋王 天平の大船幻想3 :::
85.万葉集と七夕 天平の大船幻想4 :::
86.玉の輪荘 天平の大船幻想5 :::

:::87.実方塚の謎(1)
鎌倉郡小坂郷上倉田村
:::
:::88.戸塚町の謎(2)
鎌倉郡小坂郷戸塚町
:::
:::89.こぶた山と雀神社(3):::
:::90.雀神社の謎(4)
栃木県宇都宮市雀宮町
:::
:::91.実方紅雀伝説と銅(5)
茨城県古河市
:::

:::92.北鎌倉の悲劇:::

:::93.こぶた山と奈良東大寺:::

:::94.王の鳥ホトトギスとミソサザイ:::
:::95.悪龍と江の島:::

96.海軍さん通りの夕日:::

▲★97.今泉不動の謎:::
98.野七里:::
99.染谷時忠の屋敷跡:::

100.三ツ星とは何か
(またはアキラについて)
:::

:::48.ふたつあることについて:::
101.亀の子山と磐座、火山島:::
102.秦河勝の鎌倉:::
103.由比若宮(元八幡):::
104.北鎌倉八雲神社の山頂開発:::
105.北鎌倉 台の光通信:::
106.鎌倉の占星台:::
107.六壬式盤と星座早見盤:::
:::108.常楽寺 無熱池の伝説:::
:::131.稲荷神社の句碑:::
:::132.鎌倉に来た三千風:::
:::146.幻想の田谷 横浜市栄区田谷:::
150.鎌倉 五芒星都市:::
158.第六天社と安部清明碑:::
159.桜山の朱雀(逗子市):::
160.双子の二子山と寒川神社:::
:::161.ゴエモンの木:::
:::134.ここにあるとは 誰か知るらん:西郷四郎、会津と鎌倉:::
:::166.防空壕と遺跡(洞門山の開発):::

167.地上の銀河と星の王1(平塚市):::
168.地上に降りた星の王2
(鹿嶋神宮、香取神宮、息栖神社)
:::
174.南西214度の縄文風景(金井から星を見る):::

::: 175.おんめさま産女(うぶめ)伝説 (私説):::
176.おんめさまとカガセオ:::

177.南西214度の縄文風景 2
(大湯環状列石とカナイライン)
:::

178.御霊神社と鎌倉
(南西214度の縄文風景3)
:::

179.源頼朝の段葛とカガセオ
(南西214度の縄文風景4)
:::

::: 184.鎌倉の小倉百人一首:::

::: 185.鎌倉の小倉百人一首 2:::

:::156.せいしく橋の伝説:::
:::109.北谷山福泉寺の秘密:::
:::192.洞窟と湧水と天女:::
:::198.厳島神社の幟旗:::


資料集

きっかけ

はじめに

メール* 亀子
ブログ:鎌倉、まぼろしの風景(ブログ)

//////無断複製を禁止します。All Rights Reserved. (C)亀子
検索にご利用下さい
inserted by FC2 system inserted by FC2 system